スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランナイツヒストリー 感想

グランナイツヒストリーをクリアしました。


以下、感想。


グランナイツヒストリーのジャンルはRPG。
モードは大きく2つに分け
戦争モード
育成モード
の2つがあります。


戦争モードでは、育成モードで育てた騎士たちを戦場へ送り、オンラインにて他のプレイヤーたちと戦い、他国を進軍しつつ自国の領地を広げて行きます。
オフラインでも戦争モードは出来ますが、オンラインに繋げないと敵がNPC固定、自動戦闘が進まない、武器道具屋のラインナップが更新されない、領地の奪い合いがないなど。
オンラインでプレイした方が面白いのは確かです。


育成モード。
グランナイツヒストリーのストーリーモードだと思ってもらえれば。
プレイヤーは3国ある国から1つ選び、選んだ国の騎士団の隊長となり、騎士の育成をします。
育てた騎士は見習い期間さえ終わればいつでも戦争へ送り出せます。
ただし、戦争に送った騎士は育成モードでは2度と使えなくなるので、新たな騎士を雇用する必要があります。
たくさんの騎士を育て、戦争へ送り出しましょう。


次は簡単に各システムを。


パーティーは基本4人。
職業は大きく3つに分けられます。
ナイト、アーチャー、ウィザード。
更にここから各職業の扱う武器が3種類ずつ。
武器によって使うスキルが変わるので9種類になります。
騎士を4人雇用したらストーリーモードを進めます。


ストーリーは、メインストーリーを進めるための無期限クエストを進めることによってストーリーが進みます。
他にもサブクエストがあり、サブクエストでは見習い騎士を育成するのに必要な訓練書が報酬として貰えます。
サブクエストは期限あり。


フィールドの移動はコスト制。
コストが100あり、1歩進めるごとに1ずつ消費。
コストが0になると強制的に街に帰還させられます。
ちなみに移動はコマを進めていく感じです。
アンリミテッドサガにちょっと似てる。
フィールドには、次にクエストが開始されるポイント、賞金首と言われる強敵の居場所などが表示されており、次の目的のポイントが知りたければ、アナログスティックでマップを動かしたあとにセレクトボタンを押せば簡単にわかります。


続いて戦闘。
戦闘に入るタイミングは、ランダムエンカウント、シンボルエンカウント、イベントによるエンカウントがあります。
フィールドには自分のコマ以外にも敵のコマがおり、敵のコマと接触すると、ランダムエンカウントで戦う敵よりも強い敵との戦闘になります。
ちなみに賞金首もコマになってフィールド内をうろうろしてます。
戦闘は単純なターン制。
部隊全体にAPがあり、APを消費することで攻撃、アイテムの使用、防御などが行えます。
強い技、効果の高いアイテムになればなるほど使用するAPが増えます。
APは最大で12ポイントまで貯めることが出来、毎ターン始めに6回復、敵を倒す、APを奪う技を使用するなどでAPの回復が出来ます。
そして、戦闘時の隊列を決める陣形があります。
縦3マス、横4マスのいずれかに騎士を配置します。
選んだ陣形によってキャラの配置が決まります。
陣形には色々なサポートがあり、能力を上げるもの、毎ターンHPが回復するなど。
ノックバックするような技を喰らえば陣形は簡単に崩れます。


さて、俺がメインでやったのは育成モードなのでそちらの感想を書いていこうと思います。
(オンラインは自動進軍ってコマンドで適当にやっていました)
・ストーリーはおまけのようなもの。
ストーリーに関しては可もなく不可も無く。

・画質、音楽は文句なし。
過去にオーティンスフィア、朧村正を開発したヴァニラウェアが開発しておりますのでクオリティはかなりのもの。
特に音楽では、育成モード終盤に流れる通常戦闘BGMがカッコよすぎです。
ホントにこれは通常戦闘のBGMなのか?と思うほど。

・敵の強さはこちらのレベルに連動してる。
このゲームの敵の強さはパーティーのレベルと連動しています。
なので、序盤からレベルをいっぱい上げたからしばらくは余裕でしょってことはないです。
詰んだりするような展開はなかったけれど、ストーリーモードの敵が若干強めに設定されているせいか、頻繁に全滅しました。

・メディアインストールは必須。
メディアインストール可能です。
インストール後も戦闘突入時、マップ移動時に多少のロードが感じられました。
ストレスになるほどでもないですが、メモリースティックに余裕があるのならばメディアインストール推奨です。

・作成出来るセーブデータは1つのみ。
メモリースティック1つにつき作成出来るのは1つだけです。
3ヶ国のデータが欲しければ、メモリースティックを3つ用意する必要があります。


やはりデータが1つしか作成出来ないのはもったいないかな・・・
せっかく選べる国が3つもあるのに、1つを選んだら他のは出来なくなるわけだし。
育成とかを楽しみたい人には良いと思いますが、ストーリーを重視したいって人にはあまりオススメ出来る作品ではないですね。
戦闘BGMさえ良けりゃ良いよって人には自信をもってオススメします。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taknorth

Author:taknorth
管理人:BEATです。
アニメやゲームのことを書いて行きます。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。