スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF13-2【プレイ日記7】

FF13-2を再開します。


以下ネタバレあり。
第3章のSIDE-Aが終わったので、残りの第3章SIDE-Bを進めていきます。


ヒストリアクロスを使ってアルカキルティ大平原に。
アルカキルティ大平原では、話を進めるためには狩人の依頼をこなしていく必要があるみたいなので、狩人からの依頼を地道にこなします。


アルカキルティ大平原では嵐が発生しているらしく、この年代ではこの嵐を解くのがメインになりそうです。
嵐は暑い日に発生するらしく、狩人の集落に置いてある天候制御装置を使って気候を操り、嵐の発生する気候に変化させる必要があります。


天候を変化させ、狩人の話を聞くと、嵐を発生させているのはプリンばかりを狙っている魔物が原因のようです。
魔物の名前はマルドゥーク。
こいつを倒すのが目的ですね。


ボスに行く前にかなり広いアルカキルティ大平原を散策してみました。
前作でも驚異の強さを誇っていたロングイがいた。
amarec20120104-212436.jpg
マルドゥークはこの先にいるみたいで、勝ち目がないのでどうにかロングイにどいてもらう必要があります。
狩人の集落に戻って、狩人に相談します。


狩人からロングイをどかす方法を聞き、ロングイをどかしてマルドゥークの元に到着。
そのままマルドゥーク戦。
amarec20120104-222528.jpg
マルドゥークを撃破。


マルドゥークを倒し、フラグメントを入手。
マルドゥークがフラグメントを飲み込み、嵐を起きていたようです。


アルカキルティ大平原を後にし、スノウのいるサンレス水郷に。
弱体化したプリンのミュータントマトと戦闘。
amarec20120104-224529.jpg


スノウは一人でミュータントマトと戦っており、一人では勝ち目がないのがわかっていてもクリスタル化しているヴァニラとファングのためにじっとしていられなかったようです。
amarec20120104-224852.jpg


プリンを倒したことでサンレスのパラドクスは解消され、歴史が正しく戻ることによって、そこには存在しないはずのスノウの姿が消えていきます。
amarec20120104-225233.jpg


プリンを倒し、オーパーツを手に入れ新たな時代への道が出来ます。
サンレスにあるゲートをくぐると、ヒストリアクロスが時空の狭間、未開の地、コロシアムのみになりました。


このまま時空の狭間に行きます。
前回来た時より時空の狭間の中が少し変わっているらしく、セラ達は時空の狭間を探索することに。


今回はここまでにします。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ファイナルファンタジーXIII-2
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taknorth

Author:taknorth
管理人:BEATです。
アニメやゲームのことを書いて行きます。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。