スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男がやる〇〇ゲー【きちめが編】

男がやる〇〇ゲー、鬼畜眼鏡です。


以下、ちょっとほもいので18未満の方の閲覧は禁止します。


前回、咎狗の血を無事に全ルートを無事に制覇しました!
じゃあ、次のゲームに取り掛かりましょうってことで、入手したのがこのゲーム。
鬼畜
【鬼畜眼鏡】です!
これが俺がずっとやりたかったBLゲーです。
このゲームは『眼鏡をかけると気弱なから鬼畜なに変身!眼鏡着脱アドベンチャー』だそうです。
正直言うと、俺は鬼畜ってジャンルが苦手です。
俺が過去にやってきた・・・
学園ソドムやら夜勤病棟では心を痛めたもんです・・・
全員クリアしたけどね・・・
てか、俺がやってきた鬼畜ゲーなんてそれくらいしかないです。
って、くらい敬遠するジャンルです。
ま、この鬼畜眼鏡がどんだけ鬼畜外道な行為をするのかわからないし、ホントにきつかったら眼鏡を外してしまえば済む話ですよね!!
しかし、前回の咎狗では主人公のアキラさんはほぼ受けだったため、攻める主人公が見たい!!って気持ちが強いので、どんだけ鬼畜であろうと、俺は眼鏡を外すのをやめないっ!!で行きたいと思います。


では、ゲームを開始しましょう!!
攻略可能キャラは出現次第紹介していくという形で・・・
まずは主人公ですね。
主人公・・・佐伯克哉(右のキャラ)
鬼畜2
このゲームの主人公、25歳、入社3年目。
製薬会社MGNの子会社であるキクチ・マーケティングの営業部第8課の平社員。
気弱で、要領が悪いため、何をやっても上手くいかない。
大学時代は、バレーボールをやっていた。
眼鏡をかけると、仕事においては完璧だが、鬼畜な性格(攻)になる。
眼鏡をかけていたときのことは、眼鏡をはずしてしまうと断片的にしか覚えていない。


画像同じく左のキャラ・・・本多憲二
25歳、入社3年目。
主人公と同期入社で大学時代からの友人。
リストラ寸前と噂される営業第8課の成績を上げるため、意欲的に営業している。
スポーツマンで、大学時代はバレーボール部のキャプテンとして、将来を有望視されていた。


まずはこの2人の紹介でした。
ゲームを進めよう。
前回の咎狗でやらかしてしまったミスと違い、今回は音声がちゃーーーーんとありますよ!!
主人公、佐伯君が喋ってます!!
これだけで嬉しい。
と、話が脱線してしまった。
この2人、どうやら飲んだ後の帰り途中のようです。
仕事でミスした主人公を慰めてくれる本多さん。
お優しい同期じゃないですか。
明日から気持ちを切り替えようって言われ、本多さんとお別れ。
一人になった佐伯君は落ち込んで、家にも帰る気にもなれず、自販機で買った缶ビール片手に公園へ。
公園で一人でいると、謎の男に声をかけられました。(画像左です。)
鬼畜3
落ち込んでいる主人公に対し、あなたは優秀ですとか、あなたのようなイケメンを女性が放っておくはずがない、などと褒めまくりです。
そんな謎の男に佐伯君困惑。
そのお詫びに謎の男から『眼鏡』をもらいました!
とはいえ、視力が悪くない佐伯君はこれを拒否。
だが、謎の男から『これをかければ人生が変わる!ラッキーアイテムなのですよ(`・ω・´)』と言われ・・・
言われるがまま眼鏡を装着し・・・OPテーマが流れました。
なにこの無駄にカッコ良い曲?
OPが終了し、眼鏡をかけた佐伯君が目を覚ますと・・・
鬼畜4
!?!?!?!?!?
え?
全裸で横になっている少年と佐伯君。
どうしてこうなったか記憶にない佐伯君。
俺も記憶にない。
まあ、眼鏡をかけて豹変して、少年をお持ち帰りしてしまったのでしょう。
目を覚ました少年からは『昨夜は最高だったよ』とお褒めのお言葉。
ちなみにこの少年の名前ですが・・・須原秋紀
主人公が初めて眼鏡をかけた夜に出会った少年。
出会った夜のことが忘れられず、繁華街やクラブで彼を探している。
他人の気を惹くことに自身を持っている。
あ、ちなみにキャラ紹介文は説明書のをそのまま書いてます。


昨夜のことが思い出せない佐伯君は必死に思い出します。
謎の男から眼鏡を渡され、クラブに行き、秋紀に声をかけられた。
秋紀『おにーさん、退屈なら僕と遊ばない?』
秋紀は仲間と遊んでいたようですが、退屈だったみたいで佐伯君に声をかけてきました。
そして・・・
佐伯君『ついてこい、退屈しないことを教えてやる』
といい、秋紀を連行、ホテルへ。
秋紀『つまんなかったらすぐに帰るからね!!』
佐伯君『それじゃ、朝まで過ごすことになるな』
退屈させない自信があるようです。
そして・・・
鬼畜5
佐伯君『どうした?もう音を上げるのか?』
鬼畜6
・・・
俺さ・・・男のこんな甘い喘ぎ声を聞いたの人生で初めてだわ・・・
ここで昨夜の記憶が終了!!
昨夜のことを思い出して呆然とする佐伯君。
『俺はゲイじゃない』と・・・
ワロタwwwww
んで、ホテルから去った秋紀を追いかけるか?の選択肢が出現したけど、秋紀はとりあえずスルーで。
会社に遅刻してしまいそうな佐伯君は急いで出社。


会社に到着。
遅刻ギリギリなところで本多さんと佐伯君達の上司に声をかけられます。
片桐稔
鬼畜7
43歳、営業第8課課長
主人公達の上司。
窓際部署の万年課長。
昔、妻子がいたがすでに離婚していて、現在はひとり暮らし。
ペットとして、つがいのオカメインコを飼っている。
インコの名前は、もんてん丸(♂)と静御前(♀)
まー、見るからに人が良さそうな御方ですよ。
しかも、何故か片桐課長が部下たちにお茶を入れてくれるという・・・
上司にお茶を入れてもらうなんて普通じゃありえないよな・・・
気まずいったらないよね。


話を進めます。
片桐課長との会話が終了し、佐伯君と本多さんは親会社であるMGNの商品開発部の御堂さんの元に行くことに。
仕事をもらうためですね。
御堂孝典
鬼畜8
32歳、商品企画開発部部長
主人公の親会社にあたる製薬会社MGNの商品開発部所属。
異例の早さで、部長の地位までのぼりつめた若きエリート。
完璧主義。
今回、主人公達が販売ルート開拓をする新商品のプロジェクトマネージャー。


御堂部長に仕事を貰おうにもOKが貰えず、仕事が貰えないならここから動かないと言い張る本多さん。
普段ダメダメな佐伯君が取った行動は・・・?
眼鏡装着!!
鬼畜9
誰だよこれ・・・?
そう思わさせられるが、眼鏡を装着して豹変した佐伯君です。
髪型まで変わっているじゃねーか。
眼鏡を装着した佐伯君はもはや別人!
御堂部長を言い負かしそうな勢いですよ!!
そんな豹変っぷりに長年の友人である本多さんもあっけにとられます。
佐伯君の強気発言のおかげもあって、御堂部長から仕事をもらう事が出来ました!
ただし、売上期間3ヶ月以内に成果が出来なければ、それ相応の処遇が・・・


御堂部長とのイベント後、眼鏡を譲ってくれた謎の男と出会います。
謎の男が言うには、眼鏡は譲ったわけではない。
そして、3ヶ月以内に返却しろ、ただし、その眼鏡を使える力を示してくれるなら眼鏡は譲る・・・
とのこと。
また、眼鏡に支配されないようにと忠告も受けました。


休日、昼飯を食べるために喫茶店に入る佐伯君。
そして、佐伯君に気軽に話しかけてくるウェイター。
五十嵐太一
鬼畜10
主人公のマンションの近くにある喫茶店“ロイド”でバイトをしている大学生。
主人公がなんとなく入ったその喫茶店で出会い、気軽に話しかけてくる。
眼鏡をかけていない主人公のよき話相手。


これで主要人物の紹介は一通り終わりかな?
長くなってしまったので、今回はここまでにします。
続きはまた適当に(・∀・)ノシ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taknorth

Author:taknorth
管理人:BEATです。
アニメやゲームのことを書いて行きます。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。