スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男がやる〇〇ゲー【ラッキードッグ1・・・デイバン編&ジュリオ編②】

男がやる〇〇ゲー、ラッキードッグ1です。


以下、ほもいので18未満の方の閲覧は禁止します。

続きです。
前回ではデイバン編のジュリオルートの4日目まで終了しました!
ジュリオが病んでいる性格になってしまったのは、ジュリオの祖父であるボンドーネが原因と思われることが発覚。
そして、ついにジュリオに掘られてしまったジャン。
俺はてっきり、ジュリオに対しては攻めるのかと思っていましたが・・・
主人公が受けってパターンのゲームの方が多いのでしょうか?
では、続きを進めましょう!


5日目・・・
Luckyが65%まで減少!!
ジャンが風邪を引いてしまい、今回は休養・・・
また、ジュリオは変わらずボンドーネの命令で動くしかないといった状況。
そして、ジュリオ自身も4日目のことはかなり参ってしまったらしい。
『もう、今までのように戦えない』と言い残していたようです。
ジャン達マフィアが抗争中の中、デイバンの街はいつも通りの生活を送っていた。
しかし、そんないつもの生活はGDによる無差別殺人がめちゃめちゃにしてしまいました。
女子供関係なく殺しているらしい。
ジャンが育ってきた孤児院も襲われました・・・
それを聞いたジャンは怒るも身体が言うことを聞かずダウン。
ジャンが目覚めた時には既に夜。
そんなジャンのお見舞いにやってきたのはイヴァンでした。
イヴァンお手製による、とんでもなく不味そうな卵酒を飲まされ・・・
イヴァンから街でのジュリオのことを聞かされます。
ジュリオは・・・殺したGDの連中の死体のど真ん中で公開オナニーをしていたらしい・・・
んで、その死体のハラワタの中に、たっぷりとぶちまけていた・・・((((;゚Д゚))))
いつもは強気で生意気なイヴァンもこれには参ってしまったようです。
イヴァンから、ジュリオをきっちり飼い慣らせておけと説教をいただきました。
なんでこんなことに?
そんな時、ジャンは違和感を感じました。
4日目のGDとの抗争の時、ジャンはジュリオとはぐれてしまいました。
そして、ジュリオはジャンといる時だけはいつものジュリオでした。
あくまで仮定の話だが、ジャンがジュリオの精神安定剤なのでは?
気が付けば眠ってしまっていたジャン、そこには誰かがいます。
ジュリオでした。
ジュリオ『これ以上・・・ジャンさんを、危険な目に・・・あわせたくない・・・』
いやいや、むしろジャンがいないとお前が危険だろう・・・
ジュリオ『・・・すみま・・・せん・・・。俺、もう・・・会え、ません・・・』
そんなこと言わずにこっちに来い。
そう思いながらジャンは意識が途絶えてしまった。
5日目終了です。


6日目・・・
状況は変わらずGDによる無差別テロが行われています。
そして、ある程度体調が回復したジャンは教会の葬儀に参列。
最後にジャンが育ってきた孤児院の葬儀へ。
葬儀が終わると、またもGDによる無差別テロが!
一緒に葬儀に参列していたルキーノは街の方へ。
ジャンは孤児院に残ります。
『何も出来ない』と自分の無力さを痛感するジャン。
そんな時、孤児院で育ての親でもあるシスターから檄を飛ばされます。
『自分の為すべきことをしなさい』と。
しかし、カタキも討てない、テロの犯人も探せない、GDの連中を潰す力もない・・・
どうすれば・・・?
お飾りのボスの椅子、現在のボス不在のCR:5で押し付けられた価値のないボス・・・
そして、ジャンがCR:5のボスであることを知っている奴がほとんどいない。
ここでジャンは自分の中には色々と手札が揃っていることに気づきます。
だが、足りない手札がある・・・
自分がミスって場に出してしまった札。
それは、ジュリオのことです。
まずはジュリオと合流することが先決です。
ベルナルドからジュリオの居場所を聞き出すと、急ぎでジュリオの元に向かいます!
タクシーを拾おうとするも、背後からGDの連中による襲撃を受けてしまいました。
そのままビルの裏側へ連行されてしまい、リンチされるジャン。
ジュリオーー!!早く来てくれー!!!
このままでは、ジャンがやられてしまいます!!
そして・・・
ラッキー30
ジュリオーーー(゚∀゚)
ジュリオは冷静にGDのメンバーを殺していきます。
しかし、ジュリオを銃弾・・・
と、思いきや銃弾をさらりと避けるジュリオ
もはや人間じゃねえよ・・・
でも、一つ言えることがあります。
ジュリオ無双が異常にカッコ良いということですね(´∀`*)
てか、ジュリオ強すぎやで・・・
あっという間にGDの連中を全滅させたジュリオ。
そして、そのままジャンの前を立ち去ろうとするジュリオ。
このままジュリオを行かせてはいけません!!
ジャンにはジュリオが必要なのです!!
そして、ジュリオにもジャンが必要なはずなのです!!
しかし、ジュリオはジャンをレイプしてしまったことを悔やんでいる。
が・・・
ジャン『ここに、居てくれ・・・。命令だ』
ジャン『その、なんだ・・・命令っていうか・・・頼むよ、居てくれ』
ジュリオ『ジャンさん・・・!俺は・・・!あなたと、いきたい・・・!!』
うおおおぉ!!
ようやくジュリオが戻ってきましたよおお!!
1日ジュリオがいなかっただけで寂しく思えてしまった俺もおかしいが、良い展開だ!!
ジュリオと合流後、ジュリオがジャンを助けに来る前に確保していたニセ警官の元へ。
そのニセ警官の正体はロックウェルの警官。
ロックウェルはGDの本拠地がある場所です。
この警官達がデイバンで無差別テロを行っていたのです。
そして、そのテロの被害者の中にはジャンが育ってきた孤児院のシスターもいました。
カッとなったジャンは確保していた警官の1人を殺しました。
もう一人生かしておいた警官から情報を聞き出し、ベルナルドへ回収させることに。
ジャンはベルナルドへ再度連絡するために、ジュリオのアジトの電話を借りることに。
ジュリオのアジトへ到着。
ソワソワするジュリオ・・・
おい、何をソワソワしているんだ・・・?
いや、まあ・・・考えていることは何となくわかるけど。
ジュリオ『ジャンさんが・・・俺の、部屋にいるのが・・・嬉しくて・・・』
あ、そういうこと。
ちょっと俺の妄想が先走ったようです(´・ω・`)
まず、ジャンは今後の計画をジュリオへ伝えます。
GDに勝つには、GDの兵力を完全に叩いてから手打ちにしなければいいけない。
お互い、相手を全滅させる力はない。
そのため、GDに無条件降伏を呑ませること。
しかし、GDはジャン達に兵隊を潰されすぎたせいでまともな勝負はしかけてこず、デイバンでの外道をした。
なので、GDの連中を無理やりにでも勝負のテーブルに引きずりだす。
引きずりだすためにジャンが正式なボスになるための宣誓式を明日行うこと。
ボスであるジャンを殺せば勝てると、GDに全力攻撃を仕掛けさせる。
そうなればジャンが殺されれば負けになる、それをジュリオに守ってもらうこと。
これの計画にジュリオは・・・
ジュリオ『俺、やります。ジャンさんを、必ず守ります・・・!絶対に、死なせたり・・・しません・・・!』
おおお・・・
何この忠犬っぷり。
イイかも・・・
この計画後、ジュリオはすぐに宣誓式を行うための店を手配。
じゃ、ベルナルドへ再度連絡・・・
ジュリオ『待って・・・ください・・・』
ん?
ジュリオ『ベルナルドへ・・・連絡したら、すぐに・・・動かなければいけませんよね?』
まあ、そうなるんでしょう。
ジュリオ『もう少しだけ・・・こう、させていてくてください。もう・・・少し、だけ・・・』
ジュリオ『俺、ずっと・・・』
ジュリオ『・・・ジャン、さんが好きでした』
告白キタ━(゚∀゚)━!
ジャン『来いよ』
え?攻めないの?
ジュリオ『ジャン、さん・・・』
ちょっと待って!
俺、思うんですけど・・・
主人公が攻めるパターンと受けのパターンを用意しておくべきだと思っているんですけど・・・違うんですか?
主人公が受けに回ってしまったら、相手がどんなキャラだろうと主人公は受けになるしかないんですか?
俺が男だからこういう考え方をしているだけなのですか?
両方のパターンがあった方が色々と美味しいと思うのはおかしいのですか?
なので、今回はジャンが攻めれば・・・
ラッキー31
・・・って、ああ!!
俺がくだらないことを言っている間に2人は盛り上がっていました!!
これを見る感じ、明らかにジャンが受け!!
くそう(´д⊂)
俺の願い届かず。
何、お互いアイスクリーム塗り合って舐めているんだよ!!
ふーむ・・・デコレーションプレイですか・・・
ま、これはこれで良いんじゃないすかね!
ジャン『あっ、あっ・・・、はぁ、うぁ、ジュリオ・・・』
甘い声を出すジャン。
ジャン『ふっ、んんっ、上手いんだよ、このやろ。二度目の割に余裕がありあがるな・・・ジュリ、オ・・・』
ジュリオ『ここ・・・イイですか?・・・イイみたい、ですね・・・』
攻めるジュリオ・・・
ジュリオ『ちくび・・・かわいくて、おいしい・・・です』
いやいや、それほどでも(*´д`*)
ジュリオ『あ・・・イキますか?・・・このままイキますか?俺、口で・・・しましょうか?』
そうだな・・・
せめて口に出させるか顔に出させろ!!
ジュリオ『ジャン、さん・・・!ジャン・・・!いく・・・俺の手で、イってください!』
俺に選択権はなかった・・・(´ω`)
果てるジャン。
ジャン『ジュリオ・・・次はお前の番だぜ。なるたけ痛くないよう、よろしく頼むぜ』
受け入れ準備OK!!
そして・・・
ラッキー32
前回のレイプとは違い、今回はお互いの想いを確かめあっての合体です。
ジュリオ『う・・・熱く、って・・・すごく・・・です・・・』
ジャン『ん・・・ゆっくり、な・・・血ィ、でそう・・・』
ジュリオ『はい・・・。凄く、イイです・・・。ジャンさん、すごく・・・。血なんて、でてなくても、凄く、イイ!』
ジャン『イイ・・・すっげ、イイ・・・。こんな気持ちイイのかよ・・・』
ジャン、新たな世界の扉を開け、蹂躙されて悦ぶ。
ジュリオ『俺、もう・・・すみません、イキ、ます・・・!』
ジャン『俺も、俺もイク、あっ、あ、ああ・・・!!』
2人仲良く果てました。
と思ったら、繋がったまま2ラウンド目へ突入!!
おいおい・・・どんだけ回復早いんだよ・・・
まず、賢者タイムに突入するもんだろうに・・・
お互い好きだったら関係ないってことか!!
とにかく、お互い結ばれ6日目が終了です。
長くなってきましたね・・・
しかし、たぶん7日目で終わりと思われますので・・・
このまま書きます!!
もう少しだけお付き合いください。


7日目・・・
ジュリオに起こされるジャン。
ジュリオの様子がおかしいです。
ジュリオの部屋から外の様子を見てみると、ボンドーネの私兵が集まってきていた。
そして、ジュリオの部屋を乱暴にノックするボンドーネ。
ボンドーネの前にジュリオは怯えてしまいます。
このじいさんの影響力はスゲーな。
ジャンはボンドーネの私兵にやられてしまい、そのまま棺桶じみた場所に押し込められ、気絶させられてしまった。
場面はCR:5のアジトであるホテルへと切り替わります。
ジャンに電話しようとしても繋がらないことに苛立ちを隠せないベルナルド。
ベルナルドは今回の抗争の黒幕がわかっていました。
黒幕は・・・
ドン・ボンドーネ。
ジュリオの祖父ですね。
ボンドーネは今までジャンとジュリオに殺されたGDの幹部に指示を出しており、警官達にテロの指示も出していた。
ボンドーネと言えば、CR:5の役員であるのだから裏切り者になるわけですね。
裏切り者には制裁・・・ですね!
ベルナルドとルキーノは急ぎジャンの救出へ向かいます。
ここで、場面はジャンへと戻ります。
何処か知らない場所へ連れてこられたジャン。
ボンドーネの私兵・・・GDの連中にリンチされるジャン。
そこに、行方不明となっていたボスであるアレッサンドロが連れてこられました。
どうやら、ボスも捕まっていたらしいです。
そして、ボスの目の前でジャンをフルボッコにするGD。
ジャンをフルボッコにすることで、ボスを脅そうとしているようです。
殴られ続けるジャンを助けるため、ボスはGDのボスと会うことを約束。
殴られ続けたジャンは意識を失ってしまいました。
続いて、場面はジュリオへ。
ボンドーネの屋敷に連れ戻されたジュリオはボンドーネのお仕置きを受けていました。
何処かへ連れて行かれてしまったジャンのことを聞くジュリオ。
『今頃やつは死んでいる』
この一言に・・・
ジュリオ『どこまで・・・腐っている』
これは・・・
ジュリオ『・・・ジャンは・・・どこだ・・・?』
生意気な口の聞き方に私兵がお仕置きを・・・
ラッキー33
しかし、やられていたのは私兵共でした・・・
この強いジュリオは大変良いです!
やはり、ジュリオはこうでなくては!!
ジュリオ『・・・ジャンカルロ・・・どこに連れて行った?』
恐ろしく冷たい声で問い詰めるジュリオ。
ジャンが連れて行かれた場所を聞き出したジュリオ。
当のジャンはというと・・・
殴られすぎた苦痛で何も考えられなくなるほどの拷問を未だに受けていた。
もう死んだほうが楽だ・・・
そんな考えをしていたジャンの元に・・・
CR:5の兵隊達が・・・
もちろんそこには・・・
ラッキー34
やはりこの男が!!
ジュリオが来てくれました!
あっさりとGDの兵隊達を倒していくジュリオ。
これは惚れるわ・・・。
助けられたジャンは、ジュリオと一緒にボスを探しに行くことに。
そんな時・・・
ラッキー35
誰?
何か新しいの出てきたぞ。
GDの刺青が入っているあたり、GDの幹部なのかもしれないけど、仲間であろう幹部のこともボコボコにしてしまっているしよくわからん・・・
ジュリオと謎の登場人物の一騎打ち・・・
相手もかなり手強く苦戦するジュリオ・・・
相手は卑怯にもジャンの方を狙ったりするなどして、ジュリオを追い詰めていきます。
そして、最後にはジャンの方へ手榴弾を投げて・・・
それをジュリオが盾になって・・・
手榴弾が爆発。
ジュリオーーーーーーーー!!
目の前が真っ暗です。
じゅ・・・ジュリオ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
ラッキー36
生きてた。
良かった(´;ω;`)
この後、ボスの無事も確認!
みんな無事です!!
そして・・・
この後はちょっとした後日談が入り・・・
エンディングです!!
ジュリオ編が終了しました!!
ちなみに・・・
この後日談でジュリオがどうしてここまでジャンが好きなのかの理由がわかります。
まあ、それはこのゲームをやって確認してください!!
いやー、ジュリオ編良かったわー!
途中はダメだコイツだったんだけど・・・
終盤以降のカッコよさなどなど良いとこいっぱいありましたね!
このゲームを始めた時は・・・
ジュリオ>ルキーノ>ベルナルド>イヴァンでしたが・・・
中盤以降(ジュリオヤミ過ぎな時期)は・・・
ルキーノ>ベルナルド>イヴァン>ジュリオだったのが・・・
終盤以降
ジュリオ>ルキーノ>ベルナルド>イヴァンに戻りました!
まあ、これは他のキャラをやっていないってのもありますからねー。
長くなりましたが、これでジュリオ編は終わりです。
次は誰にしようかな・・・?


続きはまた適当に(・∀・)ノシ


では、恒例のおまけを・・・
ラッキー37
ムーンストーンの"妹ぱらだいす!”より理央です!
デカ乳が大変魅力的な典型的ツンデレです。
ちなみにこのゲームはえっちぃシーン時にアニメーションが付くシーンがあったりもするのです!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taknorth

Author:taknorth
管理人:BEATです。
アニメやゲームのことを書いて行きます。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。