スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男がやる〇〇ゲー【ドラマティカルマーダー・・・ミンク編①】

男がやる〇〇ゲー、ドラマティカルマーダーです。


以下、ほもいので18未満の方の閲覧は禁止します。
また、ネタバレも書いていくのでネタバレが嫌な方はご注意ください。


続きです。
前回では無事にクリアが終わりました。
これで残るは紅雀、ノイズ、ミンクですね!
次は誰にしようか迷ったのですが・・・
ミンクをやってみましょう!!


ミンクのルートに行くためにミンクに擦り寄る選択肢を選んでいきます。
ミズキからおばあちゃんを助け出したところで分岐が発生。
どらまだ45
これってノイズかミンクのルートに入れるってことだよね?
であれば、ここでデータを保存しておけば、ミンクが終わった後にすぐにノイズに行けるかもしれませんね。
今回は『ミンクを思い浮かべる』を選択していきます。
ミンクはおばあちゃんを助ける代わりに、蒼葉自身を要求してきました。
というか、蒼葉の声が目的って感じですね。
ミンクは蒼葉の声が普通の人間にはない特徴があることに気づいていた。
それから、蒼葉の声を確かめるために蒼葉を探していたようです。
ミンクは蒼葉の声の力を利用するつもりのようです。
クリアでは蒼葉の声の力はそこまで発揮されなかったので、蒼葉の声の力が活かされるルートがあると面白そうですね!


翌日、警察が蒼葉の自宅へやってきて・・・って流れはクリアの時と一緒。
警察の追っ手から逃げる際、ミンクと合流、ここからはミンクと一緒に行動することになります。
ミンクと一緒にプラチナ・ジェイルのブラック・バレーへと行きます。
クリアの時はアクア・フォレストでしたね。
まあ、5つの行き先があるって時点で各キャラの行き先があるんだろうけどね。
んで、ここがブラック・バレー。
どらまだ46
プラチナ・ジェイルの中でもちょっと刺激を求めたいオトナが集まるダークでデンジャラスなエリアらしい。
俺としてはアクア・フォレストの雰囲気の方が好きかもしれない。
まずは2人で宿泊施設へ向かいます。
ここで蒼葉はミンクへ『プラチナ・ジェイルでやろうとしていること』を聞いてみます。
ミンク『・・・・・・・目的は東江だ。』
ミンク『あいつを潰すこと。それが俺の目的だ。』
あれ、意外とすんなり教えてくれましたよ。
東江を潰すことが目的ってことは、それなりの因縁でもあるのでしょうかね?
しかし、ミンクはそれ以上のことは教えてくれず。
ミンクは部屋に行ってしまったので、蒼葉も自分の部屋に戻ってオヤスミ(=´ω`)ノネルッ!!


翌日、ミンクに叩き起され、2人はプラチナ・ジェイルを探索。
蒼葉を置いていくようにドカドカ進んでいくミンクを追いかける蒼葉。
ちょっとくらい待ってくれても良いじゃないか・・・
なんて自分勝手な御方なんでしょう!!
ミンクを追いかけると、そこには看板も何もない建物が。
建物に入ろうとすると、警備員?みたいな男に会員証の提示を求められます。
が、蒼葉が会員証など持っているわけもなく・・・
と思っていたら、ミンクがその会員証を持っていました!
どうやら囚人時代の時に、使われなくなって流れていた会員証を個人情報ごと買い取っていたようです。
とにかく、建物の中に入ることが出来ました。
建物の中はクラブでした。
ミンクがここに来た目的は『光麻薬』というものが使われているから。
光麻薬とは、従来のドラッグと違い、光を使って意識を覚醒状態に持っていくようです。
そうすることで、起きてるのに夢を見ているような心地よさが体感出来るんだそうです。
そんなんやって大丈夫なの?
と、俺の心配なんか無視してミンクたちはダンスフロアへ・・・
ダンスフロアに入ると、さっそく蒼葉は軽い眩暈を。
光がチカチカし、重低音が効いている音楽と電子音がうねって体調を崩します。
こんなところに長くいたくない、そう思った蒼葉は外へ出ようとしますが、途中で倒れてしまいました。
倒れた蒼葉の元にミンクがやってきて外に連れ出そうとするも、蒼葉は完全に酔った?というかグッタリ。
『バカみてぇ・・・』
そう思った蒼葉は急に一人で笑い出してしまいました!
どうした蒼葉?
光麻薬のせいでおかしくなったか?
ミンクさんもこれにはイライラ。
しまいには・・・
蒼葉『壊してくれ。壊されたいんだ、アンタに』
なん・・・だと・・・!?
どらまだ47
公衆の面前でそんなこと出来るわけが・・・
ミンクさん、そのまま蒼葉を連れてダンスフロアを出ます。
ミンク『それがお前の本性か』
蒼葉『ほん、しょう?』
頭がぼうっとして・・・単語の意味が理解出来ない蒼葉。
ミンク『・・・バカが』
ミンクさん呆れちゃってます。
ミンク『脱げ』
ん?今なんと・・・???
ミンク『脱げ(大事なことだから2(ry』
ここでしちゃうの?
蒼葉『・・・誰かに、見られるかも』
ミンク『知らねえよ(゚⊿゚)シラネ』
蒼葉がモタモタしながらズボンの金具を外します。
が、指がもつれてなかなか外れない・・・そんな蒼葉さんに見かねてミンクが乱暴に下着とズボンを引きずり下ろします!!
どらまだ48
ミンク『・・・何もしてねえのにソレか』
蒼葉のムスコはミンクに見られるだけでご立派な状態に。
蒼葉『・・・・焦らすなよ』
蒼葉『早く、やれよ。・・・早く』
うーん、光麻薬の影響なんでしょうけど、蒼葉がすっかりおかしくなっちゃいましたよ。
ミンク『だったら準備は自分でしろ』
どう準備すれば宜しいのでしょうか???
ちょっと僕にはわかりませんね・・・
ミンクに命令され、ミンクさんのブツをズボンから取り出し、口でご奉仕開始。
あ、口でしろってことね。
まずは口でご奉仕して、ミンクさんのブツを戦闘態勢へと持っていきます。
ミンクさんの戦闘準備が終わり、ミンクさんはブツを容赦なく蒼葉の中へと突っ込みます。
どらまだ49
蒼葉『あ、ッあぁ、う・・・っ、あァ・・・っ!!』
蒼葉さんの甘い声が響きます。
ミンク『・・・・・・、満足か?』
大人の余裕を見せるミンクさん。
蒼葉『もっと、強く・・・あ、ッぁは、・・・もっと・・・!』
蒼葉『だめだ、も、・・・あ、イく、ぁ、・・・う、ああぁ・・・ッッ!!!』
蒼葉・・・昇天。
ミンク・・・昇天。
行為後、蒼葉はそのまま意識を失ってしまいました。


目を覚ますとそこはグリッター(宿泊施設)
ミンクが連れて帰ってきてくれたようですね。
蒼葉はさっきのクラブでの出来事を思い出そうとします。
そう、ミンクさんに求めてしまったこととか・・・
だけど、ミンクさんは何も言わず自分の部屋へ。
ミンクさんがいなくなり、蒼葉は嫌な緊張感から解放されるも、嵐のような後悔と自己嫌悪に襲われます。
蓮を起動すると蓮から『光麻薬の影響で自制心が弱まり、暴露の力が半分覚醒したような状態が続いていた』とのこと。
『あのままずっとあの場所にいたら、暴露の力が暴走していた恐れもある』
ミンクは蒼葉の声の力を知っています。
だけど、あんな危険な場所に蒼葉を連れて行きました。
もしかしたらミンクは、蒼葉が最初からああなることをわかっていたのでは?と蒼葉自身考えます。
だとしても、ミンクの目的がわからない。
これからどうなって行くのだろうか?
そんな不安を抱きつつ、蒼葉は眠りへとつきました。


翌日、ミンクの野暮用に付き合わされることになった蒼葉。
今回も目的は不明なままミンクに付いていくことに。
着いた場所は人気のなさそうな倉庫のような建物。
そこにいたのはミンクの部下。
部下たちはミンクの目的のためにプラチナ・ジェイルに来ていたようです。
部下たちは銃火器を持ち込んでいたらしく、これで東江に一泡吹かせるとか。
しかし、そこに悪島(警官)たちがやってきます。
こんなやついたね・・・
クリア編では全く絡んでなかったから存在忘れてたわ・・・
どうやら部下たちは警官にあとを付けられてしまったみたいですね。
ミンクは部下を怒るよりも、この事態を収拾することを優先。
自分勝手で横暴・・・蒼葉はそんなイメージをミンクに持っていたのですが、今回の件で更にミンクのことがわからなくなってしまったようです。
とにかく、今はこの場所から脱出することが大切です!
悪島の指示で警官が襲い掛かってくるかと思いきや、ミンクが警官数人を金で買収済み。
そのおかげでいきなりやられるってことはなくなったけど、結局は銃撃戦が始まってしまいます!
そんな中、ミンクが悪島から奪い取ったメガホンを蒼葉に渡します。
これで蒼葉の暴露の力を使う・・・というのがミンクの考え。
出来れば使いたくなかった暴露・・・
しかし、生き残るためにはこの方法しかない。
声に集中し・・・
蒼葉『やめろ!(゚A゚)ヤメロ!!』
次の瞬間、警官たちは苦しみだし倒れていきます。
と思ったら、ミンクの部下たちまで倒れてしまいました!
こんなの・・・成功じゃない、失敗だ!
そう思う蒼葉をその場から連れ出すミンク。
そのまま2人はグリッターへ。
グリッターに到着した蒼葉は自分のせいでミンクの部下たちまで巻き込んでしまったことに自己嫌悪。
そんな蒼葉にミンクのお説教。
どらまだ50
色々と突き刺さるようなお説教をされていたと思っていたら、ケツも掘られました!
ミンク『この痛みを与えてるのは俺だ。俺の前では隠すな。全て曝け出せ』
ミンク『痛みの奥に眠ってるものを引きずり出せ。俺の与えている痛みを覚えて、痛みごとおれを受け入れろ』
ミンク『お前の体の隅々まで俺という感覚を刻み付けろ。お前の全てで俺を覚えろ。俺を見るたび、この感覚を思い出せよ』
ここまでミンクにボコボコにされ、掘られ、精神的にも参ってしまった蒼葉はそのまま眠りにつきました。
ただ、ミンクが蒼葉を寝室まで運んでくれたのは間違いないはず。
やることやってきていうのもなんだけど、意外と面倒見が良いお人ですね。


ということで、今回はここまでにします。
ミンクさん、とにかくキツイ人です。
これは、何処かにデレがあるのなら・・・
きちめがの御堂さん並の衝撃を受けることになりそうだが・・・
俺にそのデレが気づくことが出来るのだろうか???


では、続きはまた適当に(・∀・)ノシ


おまけ・・・
今回はこれ。
どらまだ51
どらぺこに登場するエロメイドさん。
正直言って、このゲームは俺が今年買ったエロゲの中でもダントツの地雷ゲーでした(´・ω・`)
面白くねーの・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taknorth

Author:taknorth
管理人:BEATです。
アニメやゲームのことを書いて行きます。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。