スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男がやる〇〇ゲー【ドラマティカルマーダー・・・ミンク編③】

男がやる〇〇ゲー、ドラマティカルマーダーです。


以下、ほもいので18未満の方の閲覧は禁止します。
また、ネタバレも書いていくのでネタバレが嫌な方はご注意ください。


続きです。
前回までは、何を考えているのかわからないミンクにやられ放題の蒼葉。
逃げ出そうとするもミンクに捕まっては殴られ掘られ・・・
そして、ミンクの部下が警察に捕まってしまい、プラチナ・ジェイルの特別記念イベントが終わった後に処分が下されてしまうことに。
そんなことをさせるわけにはいかない二人はオーバルタワーへと向かいました。
タワー内で東江にミンクが神の一族の生き残りであることが教えられます。
そして、取引に応じなかったミンクに対し、東江はクリアの弟をけしかけ染色音楽を聴かせます。
堕ちかけた蒼葉を救ってくれたのはミンクでした。
が、そのミンク自身も蒼葉の呼びかけに答えられないくらいグッタリ。
蒼葉は暴露を使いミンクの中に入っていきます。


暴露を使いミンクの中に。
そこでは、ミンクの一族が東江に襲われている場所だった。
そんな時、助けを呼ぶ声が・・・
どらまだ60
どっちだ?
これはミンクの過去の中。
てことは、この命乞いしている人間は本来死ぬはず。
それを変えてしまうってことはいけないのでは???
とか、色々と深読みしてしまうが、ここは助けてしまおう!
東江の兵士に連れて行かれそうになっている男を助けました。
そしてまた他の所で助けを呼ぶ声が・・・
どらまだ61
同じ選択肢が・・・
こうなったら・・・
選択肢が出続けるまで助けるを選んでいきます!!
と思ったら2回目の選択肢で終わったっぽい。
だけど、助けるを選ぶたびに女の子?と思われる笑い声がしたのが気になった。
場面が変わり、そこは太い鎖などがぶら下がっています。
ここにミンクが・・・
進んでいくとミンクを発見!
ミンク『とっとと出るぞ』
あれ?
もう終わり?
と思っていたけど、まだ終わっていなかった!!
てことは、暴露失敗?
またも画面はミンクの過去の中に。
ミンク『この状況で、2人揃って無事に切り抜けられるかはわからない』
ミンク『だから俺は最も大事なものだけを持っていくことにする』
な、何を言っている?
ミンク『人の体の部位で1番神聖な場所。それは頭部だ』
!?
ミンク『魂は頭部に宿り、そこさえ守り切れば悪魔に連れて行かれることもない』
ミンクさん、ついにわけのわからぬことを・・・
そして・・・
グシャッ!!という生々しい音と共に・・・
どらまだ62
ああ・・・
蒼葉の生首ですよ。
当然ながらバッドエンドでした。
起きていた過去を蒼葉が変えてしまった。
それが原因でした。
なので、次からは心を鬼にして助けずに行きましょう!


選択肢で助けないを選んでいきます。
起こってしまった過去は変えられない。
とにかくミンクを探します。
奥に進んでいくと、そこには鎖で縛り付けられているミンクがいました!
どらまだ63
動けないミンク。
ミンクを助けようとするも、鎖に弾かれてしまいます。
これではミンクを助けることが出来ません。
そんな蒼葉にある考えがよぎった。
拒まれている。
ここはミンクの頭の中です。
ということは、全てミンクが制御しているのです。
なら・・・
まずは、動けないという概念を壊します。
蒼葉『ミンク、アンタは動ける。だから、早くここから出るんだ』
そう呼びかけると、手前にあった鎖が壊れました。
そして、その奥にあるもっと太い鎖へ手を伸ばす。
が、ここでも蒼葉を拒否。
どらまだ64
結果的に鎖がエライことになってきたwww
最後の最後に縛られていたミンクから睨まれ、追い出されました。
またも失敗か?
そんなことはないはず。
ミンクの瞳にはいつもの冷静な光が戻っているのです!
そして、蒼葉はミンクを暴露することでミンクの『本当の望み』を知りました。
ミンクが本当に望んでいること、それは『死』
目的を果たしたあとの死です。
東江によって一族を失ったミンクは復讐以外に何も望んでいなかった。
一族が殺されたとき、ミンクの心は死んだ。
だから、東江への復讐がミンクの生の最終到着点になった。
その先には未来も希望もない。
あったとしても、自ら断ち切ってしまったのではないか。
そして、クリア弟にやられた染色音楽によって、2人は忌まわしい過去の記憶に意識を囚われた。
蒼葉は暴露をすることでミンクを救おうとした。
確かにミンクは救われました。
蒼葉が『アンタは動ける』と言ったとき、ミンクを縛っていた鎖が解かれた。
けど、ミンクに掛かっていた呪縛は『それだけ』であり、他は全て、ミンク自身が張り巡らせた拒絶の鎖だった。
蒼葉『ほんとにそんな・・・生き方で良いのかよ』
ミンク『・・・他の生き方なんざ考えたことねぇよ』
無言になる2人。
ミンク『東江を追うぞ。この上だ』
東江を追うため部屋を出て、乗り込んできたバイクを動かそうとするもバイクは動かず。
そこに警官の悪島が。
コイツまたか・・・
しかも、ミンクの部下を人質にした状態で。
悪島『ごらんの通りだ。お前らが指1本でも動かせば〜〜〜、コイツらの命はないっ!即座にバァン!バタッ!!ってな具合だ』
これが警官のやることかと・・・
指1本動かせないのならば・・・
やることは一つしかないですよね!
意識を集中し・・・
暴露を発動!
悪島、その近くにいた警備員の動きを止め、その隙に部下たちが悪島の相手を。
蒼葉たちは東江を追います。


東江がいると思われる部屋の前まで到着。
ここでミンクは目的を果たしたら死んでしまうのでしょうか?
ここで止めなかったらミンクを見殺しにしてしまうのではないか?
しかし、ミンクは目的を果たすことしか考えていない。
ミンクは蒼葉に止められることを望んでいない。
蒼葉『・・・俺、アンタに死んでほしくない』
ミンク『俺はもう死んでるようなもんだ。一族を殺されてからな』
蒼葉『そんなこと・・・ないだろ。だってアンタは今も生きてる』
蒼葉『こうやって触れることもできるし、ちゃんと息もしてる。だからアンタは・・・生きてるんだ』
蒼葉の言葉に無言のミンク。
ミンク『・・・付き合わせて、悪かったな』
そう言いながらミンクは東江のいる部屋へ。
暴露の力を使ってでも良いからミンクを止めるべきだったのでは?
しかし、いつかは目的を果たす道へ戻っていってしまうだろう。
それほどまでにミンクの意志は固い。
そして、それ以外にミンクが進む道はなかった。
蒼葉も自分自身が進むべきを道を選ぶ。
自分の道は自分で選ぶ。
そう思いながら、乗り込んできたバイクの方へと向かった。
ミンクが消えていったドアを振り返ることなく。


蒼葉はバイクに乗りタワーを降りていきます。
が、途中で防衛特化オールメイトに襲われます。
このオールメイトたちを動けなくするために、ミンクは蒼葉にプログラムを渡していたのでしょう。
プログラムを使用して、オールメイトの動きを止めましたが同時に蓮も止まってしまいました!
そんな中、何かに操られているような悪島と出会いさらにピンチに!


ここで、話はミンク側に。
東江と対峙するも、東江が暴露に近い力を使い、ミンクを翻弄。
人の心を操るという課題を研究するため、東江自らが実験体になって力を使っているようです。
その力は暴露ではないと解けないという。
蒼葉!!
早く来てくれ!
が、蒼葉さんは悪島さんに襲われている途中です。
そんな蒼葉さん、更に暴露の力を使い悪島を止めます。
暴露・・・便利すぎだわ・・・
一方のミンクはというと・・・
東江の暴露に力によって植えつけられた『死ねない』という種に苦しめられてました。
が・・・それ以上に蒼葉が無意識にミンクに植え付けた『生きている』という種がそれを上回った。
『生きている』ということは『死ぬこと』も出来る。
ミンク『俺の願望、果たさせてもらう』
ナイフで東江を刺したミンク。
目的は達成されたようです。
てことは、ミンクさんは後は死ぬだけか?
その頃、蒼葉は暴露で悪島を撃破。
同時にタワーが崩れ始めます。
どうやら、ミンクの部下がやったようですね。
蒼葉もミンクの部下たちと一緒に脱出します。
ミンクは脱出しないのだろうか?
どらまだ65
ミンクさん、殺されてしまった一族へ祈りを捧げて死ぬ準備OKです!


碧島の旧住民区に戻ってきた蒼葉と部下たち。
ミンクは戻ってきていません。
ミンクはチームのメンバーに今回の計画が終わったらチーム解散だと告げていたようです。
しかし、チームのメンバーは解散する気なんてさらさらなかった。
ミンクという頭がいて、スクラッチというチームがあったことを守るんだと誇らしげにしていた。
ミンクさん、部下に慕われていますね。
そうして、ミンクがいないまま月日は流れました。


蒼葉は元の生活に戻りつつありました。
一緒に乗り込んだ紅雀、ノイズ、クリアも無事でした。
ミズキも順調に回復。
てか、一緒に乗り込んだメンバーの話が全くないのは寂しいかな。
いつものように平凡で仕事する蒼葉。
蒼葉は知りたかった。
ミンクが何を考えていたのか?
蒼葉のことをどう思っていたのか?
それを知るためには、追い求めなきゃいけない。
『ミンクを知ることは永遠に叶わない』って確証を得るまで諦めたくない。
ミンクは必ず、この空が続く何処かで生きてる。
だから、蒼葉はその場所へ行く。
ミンクに会いに行くために・・・


蒼葉はミンクに暴露した際にみた風景を頼りに片っ端から探していきました。
そしてついに・・・
どらまだ66
ミンクに会うことが出来たのでした!


ということで、これでミンク編はクリアです!
スゲーよ・・・デレがほとんど感じられなかったキャラは初めてだったんじゃないか?
ところどころ優しい所は見せてくれたけどさ。
つか、途中の蒼葉フルボッコとかの方が印象に残ってしまったキャラですねー。
悪くはないけど・・・何か物足りない。
もっとデレて欲しかったのかもしれない。
いやいや、このミンクさんが良いんじゃねーか!という人も多いと思いますが。
何はともあれ、無事にエンディングを迎えることが出来たので良し!!
残るは紅雀とノイズです!
次はもう決まっている!!
イケボの持ち主、ノイズをやります!!


では、続きはまた適当に(・∀・)ノシ


おまけ。
今回はこれです。
どらまだ67
レミニセンスの凛です。
レミニセンスは暁の護衛というゲームの続編にあたるのですが、キズナ、秋、アクセラを除いたヒロインの扱いが酷すぎるというか、ストーリーがここで終わり?パターンが多かったですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taknorth

Author:taknorth
管理人:BEATです。
アニメやゲームのことを書いて行きます。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。