スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男がやる〇〇ゲー【ドラマティカルマーダー・・・紅雀編②】

男がやる〇〇ゲー、ドラマティカルマーダーです。


以下、ほもいので18未満の方の閲覧は禁止します。
また、ネタバレも書いていくのでネタバレが嫌な方はご注意ください。


続きです。


前回から紅雀ルートへと突入。
紅雀とプラチナ・ジェイルに潜入するも、紅雀が不信な行動ばかりで一向に東江の元に行く気配がありません。
また、紅雀と似た着物を着た謎の人物も登場。
この謎の人物が紅雀ルートで重要な役割を持っているのは想像出来ます。
今回あたりでそれも判明しそうですね。
では、続きをやっていきましょう!!


外の空気を吸いに来た蒼葉は再び謎の人物と再開。
どらまだ99
この兄ちゃんですね。
蒼葉を気にかけてくれるところはあるのだが・・・
何を考えているのかはハッキリわかりません。
雨にずぶ濡れでかつ、ホテルへと戻る気分にならない蒼葉を自分の部屋へと招きます。
この男の名前は『竜峰』だそうです。


竜峰の部屋に招かれる蒼葉。
竜峰は彫師をやっているらしく、刺青のことの話になると雰囲気が変わります。
何やら怪しげな雰囲気を醸し出す竜峰。
とたんに瞼が重くなる蒼葉。
あー、案内された時に飲まされた飲み物に睡眠薬でも入ってたのかな?
竜峰『俺は、純粋に君に興味がある』
アカン!!
これでは掘られる!!(2つの意味で!)
そのままお眠りになってしまった蒼葉。


目を覚ましたものの何かで縛り付けられて身動きが取れません!!
何をするつもりだ?と言いたいけど、これは蒼葉に刺青を掘ろうしているんだろう。
竜峰『簡単に言うと俺の研究を手伝ってもらいたい。研究なんて呼び方、ほんとはしたくないんだけどね。刺青は俺の全てだから』
竜峰『この背中に俺の華を刻んだら、どんな風に君の生命力を吸い上げて開花するのか。それが見たい』
竜峰はもう一人の蒼葉の存在に気づいているようなことを言っていましたから、それらもあって蒼葉に興味があるのでしょう。
竜峰は足りない道具を取りに行くために部屋から出ていきます。
逃げるなら今のうち!!
と言いたいけど、身動きが取れない!
どうすれば・・・
そんな時、上手く逃げ出していた蓮が紅雀を連れてやってきました!!
さすが蓮!!
出来る相棒です!
紅雀の助けを借りつつ、脱出しようとしたところで竜峰が戻ってきました。
竜峰『おやおや、主の居ぬ間に泥棒かな』
紅雀『てめえ・・・やっと見つけたぞ!』
やはり紅雀は竜峰のことを知っているようです。
竜峰『失礼だけど誰だったかな?蒼葉くんの知り合いなのは確かなようだけど』
紅雀『とぼけんじゃねえ。忘れたとは言わせねえぞ!俺はてめえのせいで・・・』
前髪をかき上げる紅雀。
どらまだ100
紅雀の顔には刺青が。
竜峰『・・・わざわざとぼけてやっただけだよ。忘れるわけないだろう。紅雀、お前の刺青を』
竜峰『まだどこにも傷のついていない、まっさらなお前の肌に彫った俺の・・・未完の最高傑作』
竜峰は紅雀がプラチナ・ジェイルに来ていたことを知っていた。
だが、竜峰から接近することはなく、紅雀から追いかけてこなければ意味がないと言います。
竜峰は紅雀に刺青を彫った、そのことで紅雀がどのように歪むのか?
それを見届けたいと言い放つ竜峰。
怒り狂う紅雀に『もっと怒りをこじらせろ』と言い、部屋から立ち去って行きました。
竜峰を追いかけようとする紅雀を止める蒼葉。
このまま行かせてはいけない。
だが、紅雀の力に振り切られそうになる・・・。
てなわけで・・・暴露を発動!!
紅雀を止めます!
あ、ちなみに暴露を使うかは選択肢なんで。
暴露使えば、バッドに行けるかな?って思ったので。
が、ここでは特に問題は発生せず、話は進んでいきます。


竜峰が立ち去った後、蒼葉達もその場を脱出。
竜峰との件を謝罪する紅雀。
紅雀としては、この件に蒼葉を巻き込みたくなかった。
そして、蒼葉は紅雀の過去を教えてもらいます。
紅雀の実家はヤクザ。
紅雀はその後継。
竜峰とはその頃からの知り合いであり、紅雀の父親に気に入られていた竜峰。
後継だから刺青を入れろ!と言う、父親の強制で竜峰に刺青を彫られた。
紅雀の母親は既に亡くなっているのだが、その原因が竜峰にもあること。
そんな竜峰とケリをつけなければいけない・・・
ふむ・・・
言いたいことはわかるんだけど、このままじゃ東江さん登場しないね?
竜峰とケリをつけてエンディングってパターンじゃね?
蒼葉の暴露は狙われ続けるとかじゃないよね?
紅雀『竜峰とは俺一人でケリをつける(`・ω・´)キリッ』
おう・・・
蒼葉『お前一人で行かせるわけないだろう!俺も行く(`・ω・´)キリリッ』
こらこら・・・
すっかり目的が変わっていまいました。
うーん、これで良いのだろうか?
気にしても仕方ないか。
二人を見守ろう!
とここで、紅雀の部下から竜峰の行き先が掴めたと報告が!!
竜峰が逃げた先は・・・
オーバルタワーだった。
なんだろう、この無理矢理オーバルタワーを出した感は・・・
竜峰が東江と繋がっているのでは?ということも考えられるみたいですがね。


ということで、オーバルタワーへ潜入!!
ゆるーーーーい警備・・・というか、わざと蒼葉たちを中へ誘っているんじゃないかと思えるくらいの手薄な警備を抜けてタワーの最上階へ。
そこで待っていたのは竜峰でした。
怒りに身を任せて竜峰に切りかかろうとする紅雀を止めようとしたが、そこに紅雀の部下が邪魔をしてきます。
何事でしょう?
竜峰の話によると、竜峰の使う針は竜峰自身の執念をみっちり籠めることにより、皮膚から体内へ人の心をも動かすらしい。
何このチート技。
そして、蒼葉自身にも精神が乱れやすくなる薬を盛っていた。
そううすることにより、蒼葉をどうやって手に入れるか?
また、紅雀をどのように焦らして煽り、紅雀に彫った刺青を育てるか。
竜峰がここまで仕事をしてしまっているので、東江さんの出番はなさそうですwww
そのまま、竜峰に挑発され・・・
どらまだ101
紅雀、暴走モードへと突入。
どうやら彫られた刺青は怒りに反応するらしく、怒れば怒るほど刺青は怒りを余すことなく吸い取り、最後には心をも喰らい尽くすんだとか。
そして、刺青は紅雀と一体化し、本当の華を咲かせる。
紅雀の命を燃やして糧にした見事な華を。
その最後の仕上げに、竜峰は紅雀に自分自身を切らせました。
竜峰・・・死亡確認。
竜峰は死んだものの、紅雀は正気を失っており、蒼葉に襲い掛かってきます。
暴走モード紅雀を止めるには暴露を使うしかありません!!
蒼葉『紅雀・・・お前の中に・・・入るっ・・・!!』
暴露を発動させた蒼葉は紅雀の中へと入っていきます!!


暴露を使い、紅雀の中へとやってきた蒼葉。
紅雀を探します。
途中、変な刺青に追いかけられたり、ずっと同じ部屋が続いてきましたが、なんとか紅雀を発見。
どらまだ102
少年時代の紅雀ですね。
暴露を使ったあたりから、バッドエンドとかへの分岐だったり、暴露ならではの仕掛けがあるだろうから、心してかからねば!!
何が起きる?
どの仕掛けを解けば良い?
身構える俺・・・
と思っていたら暴露が終わったっぽい。
あれ?
仕掛けなし?
紅雀も正気を取り戻しているっぽいけど・・・
蒼葉の様子がおかしい!!
『いいよ』しか言わなくなりました!!
そして・・・
これが紅雀ルートの仕掛けです!!
どらまだ103
んーと・・・
何かの文章にすれば良いんですかね?
画面に写っている文字は・・・
“な”“お”“け”“ば”“ま”“あ”“る”
ですか・・・。
うーん・・・
あ、わかったわ!
でも、一回は間違えてみよう・・・
じゃ、適当に当てはめてと。
結果・・・
どらまだ104
ほい、バッドエンドです!
暴露に失敗して紅雀は心が壊れ、蒼葉も理性を失ってもう一人の蒼葉が表に出てきて、人の心を操ってやり放題になりましたとさ・・・
バッドエンドも見たので、さっきの仕掛けを解きます!


が、長くなってきましたので今回はここまでにします。
ここまで来たらもうすぐ終わるでしょうね。


では、続きはまた適当に(・∀・)ノシ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taknorth

Author:taknorth
管理人:BEATです。
アニメやゲームのことを書いて行きます。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。